ホームページの単位はピクセルが基本

スタイルシートの記述で、も「cm」や「nnch」などの単位を使うことは可能だが、ホームページでサイズの基準となる単位はつねに「ピクセル」であると覚えておきたい。

センチやインチなどの単位は、実際に画面上で何センチに表示されるかを示しているわけではない。データとして10センチ四方の正方形を描いても、12インチのディスプレイと20インチのディスプレイでは、表示される大きさがまったく異なる。ひとつのディスプレイでもさまざまな解像度で表示することができ、ユーザーの設定により変わるため、HTMLやスタイルシートによって、実際にディスプレイで表示される大きさを指定することはできない。Windowsで、は、ホームページの解像度を96dpiと決めているので、96ピクセルを1インチとして大きさを計算している。この計算に基づいて、センチやインチの数値が換算されているだけなのだ。