ホームページのサイズ

レイアウトを考えるためには、まずホームページ、のサイズを認識しておく必要がある。しかし、ホームぺージは無限にスクロールできるので、決まったサイスrがあるわけではない。どのくらいのサイズで作成するかは、ホームぺージの制作者が決めなければならない。ホームぺージのサイズを決めるためには、ホームページを表示するPCのディスプレイサイズを基準に考える必要がある。PCのデイスプレイサイズには、VGA.SVGA.XGA.SXGAなどさまざまなタイプがある。このなかで現時点では、XGA(1024X768ピクセル)を標準的なディスプレイサイズと考えるのが無難だろう。

ホームぺージの場合、縦方向にスクロールするのが一般的だが、横方向にもスクロールしなくてはならなくなると、ページを読み進めることが困難になってしまう。したがって、ページの横幅が画面内に収まるように、ページの横幅を決める必要がある。XGAのディスプレイで、ブラウザを画面いっぱいに表示した場合を想定すると、スクロールパーの幅をのぞいて、ページの横幅は980ピクセル以内におさめたい。もちろん、これよりも小さくするのは問題ないが、あまり小さくしすぎると、大きなデイスプレイで表示したときに余分なスペースが生じてしまうことになる。

最近では、ワイドディスプレイが増えてきている。新規に販売されるノートパソコンでは、ワイドディスプレイのほうが多くなっている。こうしたユーザーのPC環境の変化も考慮して、ページの横幅を検討しよう。